スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井式温熱療法とは

三井とめ子先生

三井式温熱療法とは

「身体に熱を入れることで、人は元気になれる」
 この単純で、かつ究極の真理に気づき実践した人が三井とめ子先生です。病におかされた身体、痛みを抱える身体は、慢性的な筋肉疲労を抱え、必ず冷えた場所を持っています。そこを三井式温熱治療器を用いて見つけ出し、熱を入れていくのが三井式温熱療法の真髄です。
 本人も気づいていない身体の「冷え」「こり」「痛み」をまるで探知機のように見つけていきます。神経の中枢である脊髄に熱刺激が入り、凝り固まった筋肉が丹念にほぐされていきます。
 他の温熱療法との圧倒的な効果の違いはここにあります。そうすることで、体中の活気を取り戻し自律神経のバランスを正常に機能するように促すことができるのです。
 残念ながら三井とめ子先生は2001年に享年86歳で亡くなられました。私たちは三井先生の意思を引き継ぎ、三井式温熱療法の発展のために今後も活動を続けていきます。そして、一人でも多くの人たちに健康になっていただくために努力を続けていきます。

三井式温熱療法の特長          会長 永井浩二


三井温熱療法の創始者三井兎女子(とめこ)氏(1915~2001)は、もともとは指圧とテルミー療法をあわせた治療をおこなっていました。
やがてガンをはじめとした難病系の患者が増えるにつれ、今までの療法にさらなる熱が必要だと感じた三井先生は、最初、ヘアアイロンを改造した器具を使って、病で疲弊した身体に直接熱を与え始めました。
全身を温めようとするのではなく、常に移動しながらの熱刺激は、時に心地よく、時に思わず声を発するほどの熱さを伴います。この反応を「アチチ反応」といい、この熱入れの過程を「注熱」と名づけました。
我々の意識の及ばない身体が出すさまざまな反応点を熱は的確に見つけ出し、刺激していきます。
彼女は日々くり返す注熱の中で、ひとつの真実にたどり着いたのです。
「自律神経」の乱れが病気の原因であるならば、その「自律神経」の乱れを正すことが病気を治す最大のポイントなのだと。
ストレスにより交感神経過敏に大きく傾いてしまった身体を元に戻すために最適な方法は、決して気持ちの良い温熱を繰り返すだけでは足りないのです。
『交感神経に活を入れる!』と彼女は自らの著書に記しています。
背骨を中心とした背中への注熱は、身体に強烈なインパクトを与え「脳脊髄神経」と「自律神経系」を揺り動かします。
皮膚と内臓の関係に着目した三井先生はさまざまな臨床を重ね、背骨はもちろんのこと、内臓が疲れているサインや痛みを皮膚表面で的確に熱刺激していきました。
一時間のケアが終わるころには患者は笑顔に包まれ、今まで忘れていた元気なころの自分の身体を思い出します。
熱が入って元気になっていく様は「まるで雨後のたけのこのようだ」とも記しています。
熱を伝導的に与え身体を温めるとともに、身体がほしがるポイントに的確な刺激を与え自律神経を活性化する、この二つを同時に行うことができるのが「三井温熱療法」の大きな特長なのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。